田中 正中国事務所長が環境大臣表彰を受賞

 田中 正中国事務所長(筑波大学特命教授、同名誉教授)は、第32回「温泉関係功労者」として2013(平成25)年7月10日、環境省において「環境大臣表彰」を受賞しました。
 本表彰は、温泉研究に先進的に取り組み、温泉の保護とその適正な利用の推進に指導的な役割を果たし、温泉行政の推進に貢献した者を対象とするものです。
 田中所長の長年にわたる温泉行政推進への貢献ならびに温泉水の水素および酸素の安定同位体比の測定結果のとりまとめにより、温泉水の多くが降水を起源とする循環水であることに着目して、 温泉水を永続的に利用可能な「共有自然資源」であると位置付け、この観点から温泉資源の保護に取り組んだ功績が評価されたものです。 田中所長は、本年5月に日本地下水学会の「地下水学術賞」も受賞しており、今回の受賞によりダブル受賞となりました。

環境大臣代理の星野自然環境局長から表彰を受ける田中所長
授与された表彰状と記念品の目録
写真をクリックして拡大