Gallery

新着情報

概  要

急速にグローバル化が進み、想像以上のスピードで激変する世界情勢の中で、国際社会は「地球規模課題」に対する解決策を渇望している。その一方で、災害被災地に代表される各地域社会もそれぞれの問題を抱えている。このような、様々なレベルの社会の要請に対して、筑波大学では、多岐にわたる学術分野の最先端の研究成果を共有し、より良い未来を実現するために何ができるかを議論する場として、筑波研究学園都市においてTsukuba Global Science Week (TGSW)を開催している。TGSWには、本学だけでなく、世界各国から、ベテランから若手まで幅広い層の研究者や大学院生が参加する。多岐にわたる領域を専門的に議論するだけでなく、筑波研究学園都市に一堂に会することで、国内外の異分野交流を促進している

筑波研究学園都市は、国の試験研究機関等を計画的に移転することにより、高水準の研究と教育を行うための拠点を形成することを目的に国家プロジェクトとして建設された。Tsukubaからノーベル賞受賞者も生まれるなど、研究機関等の集積をいかした世界的な科学技術拠点都市としての実績を着実に積み重ね、現在では2万人を超える研究者を有する我が国最大のサイエンスシティとなった。

TGSWは、世界の英知を筑波研究学園都市に結集し、国を超え、研究領域を超えて議論をすることで、国際的な連携ネットワークの構築を図るとともに、高い研究レベルに裏付けされた「知の創造」を行い、Tsukubaの地から世界に向けて「地球規模課題」の解決策を発信していくことを目的とする。

LINK

会場案内